カウンター
[PR] ペット火葬 世田谷

6月

初めに神は天地を造られた。


私たちの園では毎月、聖書の御言葉一つ暗唱しています。


聖書にはいろいろな言葉があります。「目からうろこが落ちた。」「洗礼を受ける。」良き訪れを意味する「福音」は聖書からのことばです。


5月の御言葉は「平和を作る人は幸いです。」、今月6月は「初めに神は天地を造られた。」です。


宇宙の創造は多くの謎を含んでいます。今もいろいろな説があります。宇宙誕生のなぞを探るため宇宙船「はやぶさ」は遠くの小惑星「竜宮」に行き、そこの岩を日本に持ってくるという凄い働きをしています。


聖書では、神様の最初の働きがこの宇宙を造ったこととして書かれています。最初に造ったのは「光」です。


光は闇を追い出します。光は素晴らしいものとして神様が最初に造られてものです。そして6日間かけて現在の世界を完成しました。聖書を見ると一日一日を神様は丁寧に作られています。そしてすべてのものに「よかった」と声をかけておられます。


人間は最後に造られました。その時、神は人間を見て「はなはだよかった。」と言われエデンの園に住ませました。すなわちこの世は、人間も含めて「Berry、good」でした。


しかし、現実報道は悲惨なことを多く伝えています。人間の罪深さを示されます。神様はもう一度この世界を「エデンの園」の姿に戻されるためイエス・キリストをこの世に使わされました。


イエス・キリストの求められるのは「平和」です。十字架は犯罪人の処刑の姿でした。そこにイエス・キリストが磔にされたことにより十字架は「平和」のシンボルに変わりました。


イエスキリストの働きは罪を平和に変えることです。本来の世界、本来の人間は素晴らしいものとして神様に造られています。子供たちが持っているすばらしさを大切にするのが我々の仕事でもあります。

5月

令和元年



5月1日、天皇の世代交代が行われました。それと共に元号も変わりました。


前回の時は昭和天皇が危篤になり、日本全国で天皇の健康回復が祈られていました。しかし昭和天皇は逝去され、急いで新天皇が即位され、元号も「平成」に変えられました。


今回は世代交代という姿を取りました。新しい天皇の即位も前もって決められ、元号も4月1日に発表され「新元号」ブームが起こりました。何か商魂の雰囲気が先行されているような気がします。


そして4月30日は「平成最後カウントダウン」も行われました。31年前は喪に服す状態で慶事ごとはなるべく控えるようにとの空気の中で始まったのとは大きな違いを感じます。


この原因は平成天皇がご自分の思いをテレビで話されたことによります。保守的な人たちは、天皇は死んでから変えるものと抵抗していたようですが、平成天皇はご自分の考えをはっきりと表されました。反対意見のあった中でも戦没者慰霊の旅もご自分の意志で行われました。


平成天皇が自分のお気持ちをはっきり出されるようになったのは、戦後家庭教師についた熱心なクリスチャン、バイニング婦人の影響が大きいと言われています。


静かに自分の気持ちを言われ、確実に実行に移された平成天皇、我々にいろいろな面で良き模範を示されたと思います。


一番の模範はいつでも一緒に寄り添っているお二人の姿でしょう。これは子供に対する最高の教育です。

4月

楽しいこひつじ園


私たちは3月30日(土)に希望保育担当者を除いて、全職員が行方市レイクエコーで一日研修をしました。


昼食の時、レイクエコーの職員が「こんなに先生が多いのですか。」と驚いていました。我々にとって毎日の忙しい職場を離れ全員が研修に集中することは大切なことと考え行いました。私も全研修に参加しました。


国は平成30年3月に「幼保連携型認定こども園教育・保育要領解説」を内閣府、文部科学省、厚生労働省連携で公示しました。


国は乳幼児時期の大切さを三省あげて取り組んでいます。それだけ学校入学前の子供たちの成長の大切さを認識しています。


研修では多くの課題についてそれぞれの先生たちがキャリアアップで学んできたことを発表し共有しました。安全・健康・環境・言葉・障がい・食育などです。今までの経験の中で身に着けてきたことでもありますがこのような形でもう一度全員で共有し新年度を迎えることはよかったと思います。


そのような研修の中で全般にわたって大事なことと受け止めたことに、園児たちが毎日園は楽しい、園に行くのはうれしい、という思いを持てる保育をすることと受け止めました。


どんなことでもいやいやながらしては正しく覚えられません。楽しい思いの中で保育がなされると教えられたことは素直に心の中に入ってきます。


こひつじ園のモットーは「明るく・げんきに・のびのびと」です。こひつじ園の園児が毎日園に来るのが楽しい気持ちをもてる保育が一番園児たちにとって幸せと考えます。


そして保護者の皆さんからも「こひつじ園に預けてよかった。」と受け止めていただける保育を目標にして新年度の歩みを進めていきたいと思います。


※スライドショーの1人単位の園児写真は保護者の了承を頂いての掲載です